渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 歯列矯正に関する基礎知識
 

歯列矯正に関する基礎知識

矯正治療を始めてみたいと考えている方が、疑問や不安に感じるポイントはいくつかあります。

費用や治療期間がどのくらいかかるか、医療費控除の対象になるのかなど、お金や生活に関わる疑問や、治療法に関することなど、治療を決める前に知っておきたい基礎知識を解説していきましょう。

費用はどのくらいかかる?

歯列矯正の治療費用としてかかる金額の内訳は、「検査料や診断料」、「装置代と装着料」、「調整料」、「保定料と観察料」などがあります。

この中で最も金額が高いのは、やはり装置代と装着料。矯正装置の違いによって値段が異なりますが、上下とも同じ装置で矯正を行う場合の目安として…

この金額に、治療前の検査料や通院ごとに支払う調整料などがプラスされるわけです。

矯正治療は自由診療ですので、治療費はすべて自己負担。金額はクリニックごとに違いますから、治療を決定する前にいくつかのクリニックを比較検討することをおすすめします。

矯正治療の費用相場について詳しくみる

治療期間はどのくらいかかる?

歯が動くスピードは、1ヶ月に1ミリ程度だと言われており、大人の矯正治療の場合、多くのケースで2~3年かけて歯列を整えていくことになります。仕事や結婚、出産などライフイベントの都合で治療を早く終わらせたい、という場合は歯が動くスピードを早める治療法を行っているクリニックもあります。

矯正治療の治療期間について詳しくみる

医療費控除の対象になるの?

噛み合わせや歯列の悪さによる機能低下を改善する目的で矯正治療を行っている場合は、クリニックの診断書を提出すれば医療費控除の対象となります。

管轄の税務署へ確定申告して、還付金を受け取ることができます。

矯正治療は医療費控除の対象になる?

矯正に年齢制限はあるの?

矯正治療は思い立った時が始め時。年齢制限はありませんので、20代や30代はもちろん、50代以上の方でも治療を受けることができます。

最近はマウスピースや裏側矯正などの目立たない矯正方法が主流となりつつあり、大人の矯正患者は増える傾向にあるそうです。

矯正治療に年齢制限はある?

出っ歯や受け口は矯正できるの?

もちろん、上顎突出(出っ歯)や反対咬合(受け口)は、矯正治療によって劇的に改善することが可能です。

症状が激しい場合はあごのサイズを小さくする外科手術が必要な場合もあるそうですが、ほとんどのケースで矯正治療のみで改善できます。

出っ歯や受け口は矯正できる?

デンタルローンとは?

デンタルローンとは、歯科治療に限定して融資を受けられるローン制度のこと。矯正治療やインプラントなど、保険適用外の自費診療は一括払いが基本ですが、一括で払うのは厳しい…という方にとって頼りになる存在です。高額な自費治療が受けやすくなるうえ、金利も低く設定されています。

しかし、デンタルローンを扱っていないクリニックも多数あるため、デンタルローン希望の方は事前に確認しておくことが大切です。

デンタルローンについて詳しくみる

矯正中の注意点は?

矯正治療中は装置に食べカスが詰まりやすく、それを放置していると虫歯や歯周病の原因となり得るため注意が必要です。虫歯や歯周病を予防するためにも、毎日のブラッシングを丁寧に行いましょう。

そのほかにも、食事では硬いものを控えたり、マウスピース矯正の場合は決められた装着時間を守るなど、矯正治療中は注意すべき点がいくつかあります。次のページで詳しく説明しているので、治療をスタートする前にぜひチェックしておいてください。

矯正中の注意点について詳しくみる

矯正は痛い?矯正治療中の痛み

矯正治療の痛みが心配な方にむけて、痛みの原因を調べました。昔の矯正と比べると、現在の矯正治療は痛みが軽減されていますが、まったくの無痛ではありません。とくに装置を付けたばかりの時期や装置を調整した直後は、締め付けられるような痛みが出やすいようです。

次のページでは痛みの原因だけでなく対策法もまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

矯正の痛みについて詳しくみる

矯正の認定医・専門医・指導医

矯正治療を行っている歯科医師の全員が、矯正治療の知識に精通しているとは限りません。矯正治療について豊富な知識と経験を持つ歯科医師か判断するためには、認定医・専門医・指導医の資格を持っているかどうかを確認するのがおすすめです。

次のページでは矯正歯科医師の認定制度について詳しくまとめました。

矯正歯科医師の資格について詳しくみる

歯科矯正中の引っ越し

歯科矯正の方法はさまざまですが、矯正完了までは長い期間を要します。そのため、矯正期間中に引っ越しをしなくてはいけなくなることも珍しくはありません。クリニックから離れてしまうので、治療を続けるためには転院する必要があります。

ここでは、矯正期間中に引っ越しをすることになったらどうすればいいのか、矯正期間中の引っ越しにはどのようなリスクがあるのかを見ていきます。

歯科矯正中の引っ越し問題について詳しくみる

歯科矯正中に虫歯が見つかったら?

歯科矯正中に虫歯が見つかるというケースもあり得ます。虫歯が見つかった場合は、それまで行っていた矯正治療はどうなるのでしょうか。

ここでは、矯正期間中に虫歯が見つかった場合にはどうなるのかについて解説していきます。また、矯正期間前・中・後に分けて、虫歯にならないようにする方法も紹介しています。

歯科矯正中の虫歯の対応について詳しくみる

プレオルソについて

プレオルソは、柔軟な素材でできたマウスピース型矯正器具で、小さな子供の歯列矯正に適しているということで注目されています。さまざまな状態の歯列にフィットし、痛みなく歯列の矯正を促すのです。

プレオルソには、どんな特徴やメリットがあるのでしょうか。ここでは、プレオルソの概要や特徴、メリット・デメリットについて解説していきます。

プレオルソについて詳しくみる

歯列矯正とほうれい線

加齢の目印ともいえるほうれい線ですが、実は歯列の歪みが原因で生じることがあります。逆に言えば、歯列が原因なら矯正施術によって、ほうれい線の改善も期待できるということです。

ここでは、歯列とほうれい線の関係、そして歯列の矯正とほうれい線の改善の関係、歯列矯正のリスクについて解説していきます。

歯列矯正とほうれい線について詳しくみる

歯列矯正と費用

さまざまな方法がある歯列矯正ですが、どの方法も歯列矯正には多額の費用がかかります。矯正治療における費用の負担は、多くの人の悩みの種となっているのです。では、なぜ歯列矯正の費用はこんなに高いのでしょうか。

ここでは、歯列矯正の費用が高い理由と、少しでも支払いの負担を軽減するための各種支払い方法、その仕組みについて説明しています。

歯列矯正と費用について詳しくみる

矯正治療中におすすめの歯ブラシは?

矯正器具を着けたままの状態では、どうしても磨き残しの出やすいものです。しかも、そうした磨き残しは毎回同じ場所になりやすいので、汚れがどんどんたまっていき、最終的には虫歯の発生を招きます。

矯正期間中の虫歯の発生を防ぎ、磨き残しを出さないためには適切な歯ブラシの選択が重要です。複数の歯ブラシを使い分けることで、矯正器具を着けたままでも磨き残しがないようにできるのです。

矯正治療中におすすめの歯ブラシを詳しくみる

歯科矯正後に再矯正するリスクはある?

矯正治療が完了したからといった油断はできません。矯正治療は歯に長期間力を加え続けて少しずつ歯を移動させていく治療法です。しかし、歯が正しい位置に移動した後にきちんと保定を行わないと、せっかく移動した歯が元の位置に戻ってしまうのです。

矯正完了後に歯の後戻りが起きると、再度矯正しなくてはいけません。では、矯正後の再矯正にはどのようなリスクがあるのでしょうか。

歯科矯正後に再矯正するリスクは?

歯ぎしりは矯正治療で治せる?

起きているときや寝ているときに歯ぎしりをする癖がある人がいます。四六時中歯ぎしりをしていると、それだけ歯やあご、あご周辺の筋肉に負担がかかり、さまざまな弊害を引き起こします。

過度な力が日常的に加われば、歯は摩耗していきますし、最悪の場合割れてしまうこともあります。また、そのダメージは歯だけにとどまらず、顎関節症や肩こり、頭痛といった症状のリスクを高めてしまいます

矯正治療で歯ぎしりは治せる?

差し歯でも矯正治療は受けられる?

差し歯やブリッジをしている状態でも、矯正治療は可能です。そのまま矯正治療が可能な場合もあれば、差し歯を削ったり入れ替えたりすることもあります。ブリッジの場合ですと、歯を移動させるスペースを空けるために接続部分を切断することもあります。

差し歯やブリッジがある場合でも、矯正治療の流れは通常の治療とそれほど変わりません。しかし、器具が装着しにくい場合にはバンドなどで固定しなくてはいけないなどの注意点もあります。

差し歯でも矯正治療は受けられるか詳しくみる

歯科矯正のマウスピースの種類をさらに詳しく解説

矯正歯科で用いられている代表的な矯正方法のひとつがマウスピース矯正です。マウスピース矯正に用いられるマウスピースにはいくつかの種類があり、それぞれメリットやデメリット、製作過程や特徴が異なります。

ここでは、代表的な歯科矯正マウスピースを3種類ピックアップして詳しく解説していきます。自分に合ったマウスピースを選んで矯正を行いましょう。

矯正治療のマウスピースの種類について詳しくみる

前歯が大きい場合の矯正治療の内容は?

かみ合わせが悪い状態、つまり不正咬合にはさまざまなケースがありますが、その中には前歯が大きさが原因のケースもあります。

前歯が大きい状態には、絶対的に前歯が大きい場合と相対的に前歯が大きい状態の二つがあります。ここでは、前歯が大きくなる原因や、大きな前歯に対する対処法などについて解説していきます。

前歯が大きい場合の矯正治療は?

頭痛や肩こりは歯列矯正で解消できる?

頭痛や肩こりはさまざまな原因によって引き起こされますが、その原因が実は歯並びにある可能性も。正しくない歯並びだとあごや歯に負担がかかるばかりか、その負担が首や肩の筋肉にまで広がることで、頭痛や肩こりを引き起こすのです。

では、歯列矯正をすれば頭痛や肩こりを解消できるのでしょうか。ここでは、頭痛や肩こりと歯列矯正の関係について見ていきます。

頭痛や肩こりと歯列矯正との関係について詳しくみる

市販のマウスピースと矯正歯科のマウスピースの違いは?

一般に、矯正のためのマウスピースは矯正歯科で作ってもらいますが、マウスピースにはドラッグストアやインターネット通販で手に入る市販品もあります。

市販品のマウスピースは安価で、注文すればすぐ手に入れることができます。では、市販のマウスピースと矯正歯科のマウスピースにはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、さまざまな側面から市販のマウスピースと矯正歯科のマウスピースの違いを解説しています。

市販のマウスピースについて詳しくみる

矯正器具のお手入れ方法は?

矯正器具のメンテナンス方法は、器具ごとに異なります。取り外せるものは取り外し、水やお湯で洗い流したり、歯ブラシで磨いたり、専用の洗浄液でつけ置きしたりします。取り外せないものは、歯磨きの際に通常の歯ブラシのほか、ワンタフトブラシなどで磨き残しがないように磨きます。

矯正器具のお手入れ方法について詳しくみる

リテーナーとは?矯正治療後に使う理由は?

矯正治療は、想定されていた位置まで歯が移動したら終わりではありません。所定の位置まで歯が移動したら、今度は移動した歯が後戻りするのを防ぐための保定を行わなくてはいけないのです。この保定を行うための器具がリテーナーです。

矯正歯科のリテーナーについて詳しくみる

矯正治療の「ゴムかけ」ってなに?

矯正歯科の矯正治療では、矯正効果を補強するためにゴムかけが行われます。これは、矯正器具や歯にゴムをかけることで歯を移動させるというものです。ゴムかけの種類によっては患者自身がゴムの装着を行う場合もあります。

矯正歯科のゴムかけについて詳しくみる

歯科矯正は抜歯を必ずするの?

近年の矯正治療では、なるべく抜歯せずに天然の歯を活かす方法が広まっています。しかし、どんな場合でも抜歯しないのがいいとは限りません。歯を動かすスペースがない場合、歯の状態が悪い場合などは抜歯したほうがいいこともあるのです。

矯正歯科の抜歯について詳しくみる

歯の矯正で金属アレルギーが心配な人はどうする?

歯列矯正に用いられる矯正器具には金属製のものも多く、金属アレルギーを持っている患者さんの治療には、金属製の矯正器具は使用できません。この場合は、金、プラチナ、チタンなど金属アレルギーを引き起こしにくい素材を用いた矯正器具を使います。アレルギー症状が全く出なくなるわけではありませんが、発生確率を低下させることが可能です。金属パーツのないマウスピースなど、そもそも金属製のパーツを含まない矯正器具を用いる方法もあります。

歯列矯正の金属アレルギーについて詳しくみる

矯正治療中に口臭が発生してしまう原因

歯の矯正治療中に起こるトラブルの一つとして、講習の発生があります。原因として考えられるのが磨き残しによる汚れ(歯垢)の蓄積や口内炎による傷口の化膿などが挙げられます。口腔内の乾燥も口臭が発生する原因につながることもあるのです。これらの矯正治療中の口臭を防ぐためには、歯垢をため込まないことが大事です。歯を磨くことはもちろんですが、舌を磨くことも口臭の発生を抑えることにつながります。口腔内もできるかで乾燥しないようにして、清潔に保つようにしましょう。

歯列矯正でに口臭が発生する原因について詳しくみる

矯正歯科もセカンドオピニオンはした方がよい?

セカンドオピニオンは基本的にどんな治療でも受けられます。歯列矯正においても有効な方法です。矯正治療に関して他の医師の違った意見を聞くことができ、幅広い情報が得られるだけでなく、認識も深まり、歯列矯正についての不安や疑問を解消することにつながります。現在の治療計画が適切か不安になったり、矯正中に疑問を感じたり、治療後に納得できないと思った時こそ、セカンドオピニオンを受ける良いタイミングです。

歯列矯正のセカンドオピニオンについて詳しくみる

MFT(口腔筋機能療法)とはどんな療法?

MFT(口腔筋機能療法)とは、口の周りの筋肉のバランスに偏りがある場合に、筋肉のバランスを調節することで、お口の機能をより良い状態に近づける治療です。「食べる・飲む」「発音」「呼吸」「舌・唇の位置」といった機能を正常に保てるほか、歯並びの正しい状態を維持することにもつながります。MFT(口腔筋機能療法)を行うと、口腔周囲の筋肉がバランスよく働くようになるので、それによって自然と歯並びを整えることが可能になるのです。

歯列矯正のMFT(口腔筋機能療法)について詳しくみる

歯列矯正でEラインをきれいに整えられる?

Eラインとは、顔を横から見たときの、鼻の先っぽと顎を結んだラインのことです。歯並びが悪いとこのEラインに影響が出ると言われており、「きれいさ」を保つことができなくなる可能性があります。Eラインのバランスが崩れる原因には、受け口(下顎前突)、出っ歯(上顎前突)などがあり、こうした不正咬合について、ワイヤー・ブラケット矯正やマウスピース、手術といった矯正治療を施すことにより、改善を図ることが可能です。理想的なEラインを希望する方に知ってほしい治療法です。

Eラインを整える歯列矯正について詳しくみる

妊娠中に矯正治療は受けても大丈夫?

妊娠中の歯列矯正では、気をつけるべき点があります。例えば、矯正治療の前に行われる口腔内のレントゲン撮影は、妊娠時には胎児への影響を考慮して行われません。抜歯についても、妊娠時は原則的にNGです。抜歯にしようする薬剤が妊婦に悪影響を及ぼす可能性があります。このように、妊娠中の歯列矯正は様々なリスクがあり注意が必要です。矯正治療を受けること自体はNGではありませんが、妊婦の体調に合わせて治療計画を考えてくれる歯科医院を選ぶことが必要になります。

妊娠中の歯列矯正について詳しくみる

アンカースクリューとは?

歯科矯正用アンカースクリューは、インプラント矯正を行う際に使用される小さなネジです。隙間をなくすための歯列矯正を行うと、意図しない部分まで動いてしまい、矯正に時間がかかってしまうことがあります。アンカースクリューを用いれば、歯の動きを制限し、動かしたい歯だけをピンポイントで動かしスムーズな矯正治療が可能です。歯茎に直接固定して使用するアンカースクリューは、触れても歯が動くことはなく、治療後、歯茎に残ることもありません。

歯列矯正のアンカースクリューとは?ついて詳しくみる

矯正治療を短期間にするには?

矯正治療は平均で1~3年ほどかかります。歯列矯正をなるべく短期間で終わらせたいと考える方も多いでしょう。矯正治療を短期間で終えるには、装着する器具の注意事項等を守ること、虫歯など矯正中の歯のトラブルに注意すること、保定期間を守りリテーナーを正しく装着すること、などが必要になります。そのうえで、医師の指示・アドバイスに従って治療を受けることにより、矯正治療の時間を短縮することが可能です。

短期間で行う歯列矯正ついて詳しくみる

矯正治療を前に知っておきたい注意点と事前準備

歯列矯正は美しい歯並びを手に入れるために有効な治療ですが、注意点もあります。器具を装着するため歯が磨きにくく、虫歯や歯周病になりやすいことや、歯根吸収が起きやすいこと、歯列の変化に伴い痛みが生じること、金属アレルギーを持つ人はアレルギー症状が現れることなどです。虫歯や歯周病になると、それを直してからでなければ矯正治療が受けられません。そのため事前準備として、正しい歯磨きを心がけ、磨き残しをなくして、虫歯や歯周病にならないよう注意しましょう。

歯列矯正の注意点と事前準備について詳しくみる

大学病院での矯正について

大学病院は、一般の病院より高度な技術を持ち設備も充実しているため、歯列矯正においても、専門的で精密な検査と治療を施すことができます。特殊な治療が必要なケースでも、大学病院では柔軟かつ臨機応変な対応が可能です。治療だけでなく、サポート体制も整っている点も安心材料になります。一方、患者が医師を指定しない場合、担当が研修中のドクターになるのも大学病院の特徴です。ベテランのドクターに診てほしい場合は、自ら指定して希望を伝える必要があります。

大学病院での歯列矯正について詳しくみる

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。