渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 矯正治療が必要な症状【歯並び辞典】
 

矯正治療が必要な症状【歯並び辞典】

矯正治療を必要とする人たちは、どのような症状に悩まされて、クリニックに相談するのでしょうか。こちらでは矯正治療が必要な症状について、代表的なケースをまとめて紹介します。

出っ歯/上顎前突

下あごより上のあごが出ている状態のことを「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」と言います。いわゆる出っ歯のことで、見た目で悩んでいる方が多い症状です。

また噛み合わせが悪いため咀嚼しづらい、という影響も。噛まないまま食べ物を飲み込んでしまうので、消化にも影響を与えてしまいます。

出っ歯/上顎前突の矯正について詳しくみる

受け口/しゃくれ/下顎前突

「下顎前突(かがくぜんとつ)」とは、下のあごが上のあごより前に出ている状態のこと。一般的には受け口やしゃくれと呼ばれています。

下顎前突の影響は、噛み合わせが悪いため上手く噛めない・歯茎が下がりやすいため歯周病になりやすい・見た目がコンプレックスになりやすいなど。また、発音に影響が出る場合もあり、ほかの人に聞き取りづらい喋りになってしまうことも。

受け口/しゃくれ/下顎前突の矯正について詳しくみる

すきっ歯/空隙歯列

永久歯が生えそろっても、歯と歯のあいだに隙間がある状態のことを「空隙歯列(くうげきしれつ)」といい、一般的にはすきっ歯と呼ばれています。

一般的な症状は、前歯2本だけ隙間が目立つケースや全体的に隙間があるケースの2種類。前歯のあいだにすき間があることを「正中離開(せいちゅうりかい)」と言ったりもします。

発音がしづらいため聞き取りにくい話し方になってしまったり、隙間が磨きにくく虫歯や歯周病になりやすいのが、空隙歯列のリスクです。

すきっ歯/空隙歯列の矯正について詳しくみる

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)とは、歯並びがガタガタ・デコボコしている状態のこと。顎が小さいため歯が並び切らず、重なって生えたりデコボコに生えたりするのです。八重歯も、叢生の一種です。

叢生の場合、歯磨きしづらいため虫歯になりやすいほか、見た目のコンプレックスや精神的な影響も出てしまいます。

叢生(そうせい)の矯正について詳しくみる

ガミースマイル

笑った時や会話をしている時に歯茎が見えて目立ってしまう症状のことを「ガミースマイル」と言います。

ガミースマイルはチャーミングに見える、可愛いといった好意的な意見もある一方、本人にとってはコンプレックスになっているケースも。人前で笑うのにためらいがある…という場合は治療を検討してもいいかもしれません。

ガミースマイルの矯正について詳しくみる

オープンバイト/開咬

上下の歯を噛み合わせたとき、歯列の一部が咬めないで開いている状態のことを「開咬(かいこう)」または「オープンバイト」と言います。たとえば「奥歯が噛み合っているのに、前歯が閉じない」「前歯を閉じた時、上下の奥歯が閉じない」といったケースです。

前歯で食べ物を噛みきれず食事がしづらかったり、発音に影響が出たりします。

オープンバイト/開咬の矯正について詳しくみる

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)とは、奥歯の噛み合わせが顎の骨が左右にズレた歯並びのこと。不正咬合の1つで、すれ違い咬合やクロスバイトとも呼ばれます。

顎や口元が歪んでいるため顔のバランスが悪く見えてしまったり、噛み合わせが悪いことから食事の仕方や健康にも支障をきたしてしまったり、さまざまな悪影響が考えられます。交叉咬合の症状が軽度の場合は、マウスピース矯正で改善が可能です。

交叉咬合(こうさこうごう)の矯正について詳しくみる

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)は噛み合わせが深すぎる不正咬合のこと。上の前歯が過剰に深く噛みあい、下の歯に覆いかぶさっている状態です。ディープバイトやクローズドバイトと呼ばれることも。

顎関節症や歯茎の炎症、歯周病といったリスクを高めてしまうほか、審美面にも影響を与えてしまいます。過蓋咬合の度合いにもよりますが、矯正治療で改善が期待できます。

過蓋咬合(かがいこうごう)の矯正について詳しくみる

噛み合わせ/不正咬合

噛み合わせとは、上下の歯の接触状況です。接触の仕方が悪い状況は不正咬合と呼ばれます。不正咬合は外見や歯の健康に及ぼす影響が大きくなるのです。嚙み合わせが悪いと、出っ歯(上顎前突)、受け口(反対咬合)、開咬(前歯が嚙み合わない)、すきっ歯(空隙歯列)などの症状が出る可能性があります。歯の健康への影響では、バランスの悪い咀嚼や、片方だけで噛む癖が身につくことで、歯、口腔、顎への悪影響が生じます。悪い嚙み合わせの矯正方法としては、ブラケット矯正、マウスピース矯正、インプラント、顎矯正などの手法があります。

噛み合わせ/不正咬合の矯正について詳しくみる

八重歯/叢生(そうせい)

八重歯/叢生(そうせい)の定義は、「生えている位置に異常がある歯」とされています。場所を問わず生えている位置に異常があれば八重歯ですが、最も多いのは、前から3番目の犬歯が前に出ているケースです。八重歯になるデメリットには、見た目の影響と、噛み合わせが悪くなるなど歯の健康への影響があります。矯正方法にはブラケットやマウスピースが用いられますが、どちらもメリット・デメリットがあるので、歯科医師と相談の上、自分に合った矯正方法を選択することが大切です。

八重歯/叢生(そうせい)の矯正について詳しくみる

過剰歯(かじょうし)

過剰歯とは、人間が持つ通常の歯の本数より多い状態のことです。人間の歯は、永久歯28本、親知らず4本を合わせた、32本が通常の本数になります。これより多い状態が過剰歯です。過剰歯は歯並びを悪くしたり、周りの健康な永久歯に悪影響を与えるなど、見た目と歯の健康にリスクを生じさせます。矯正方法はケースバイケースですが、過剰歯が他の歯に悪影響を与えている場合は、その過剰歯を抜歯します。大人になってからの過剰歯の治療は難しく、抜歯後に歯列矯正が必要になる可能性が高くなります。

過剰歯(かじょうし)の矯正について詳しくみる

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。